【Newマンダ 慎重毒羽竜舞】

  どうもこんにちはキャモメです。

今回は新たに育成してみたボーマンダについて単体考察していきたいと思います。

 

~個体紹介~

ボーマンダ@メガ石 

性格:慎重 

努力値:H84 A4 B4 D172 S244

実数値:181-166-151-145-171

すてみタックル/竜舞/羽休め/どくどく

f:id:sskaa14:20180313144112g:plain

 

調整は適当に探してきたものを少しいじってSを最速ウツロイド抜きまでのばした。

 

    調整の意図としてはまずSのラインは僕のパーティがガブリアスに上を取られると少し辛かったから。特にそこを気にする必要がなければもっとDに割いてもいいかもしれない。Dは特化テテフのムーンフォースが82.8〜97.2%、ポリ2の無振りれいビが66.2〜79.5%と最低限の耐久を確保できるくらいまでは振っている。

 

  このポケモンの主な役割はマンダを通す際の弊害になる物理受けポケモンであるポリ2に毒を強引に入れ、(対面からでもれいビは耐えるので毒を打っていくが、基本的には交代読みを決めていきたい)ある程度削れるまで羽で粘ったり裏で受け回したりしてマンダの舞すてみの圏内へと入れる。大抵普通の毒羽型だと思われ、相手は竜舞なんて警戒してこない。それに毒は困った時に打っていける技でもあり、あって邪魔だと思うことはなかった。毒だけだと役割が耐久ポケモンに集中してしまうが、竜舞を持たせることによって広範囲のポケモンを相手にすることが出来た。

 

  攻撃技は恩返し八つ当たりでもいいと思うが、ASミミッキュが落とせなかったり、1舞してもメガギャラが落ちなかったり(舞すてみでも乱数)と圧倒的に火力が足りないため少し耐久がカツカツになってしまうがすてみ採用が最も安定すると考えた。

 

  自分のパーティに合っていた型かどうかはわからないが、今シーズン(S8)このマンダ入りで最高2042まではのばすことが出来たため、そこそこは戦える型ではあるのかなぁとは感じた。

f:id:sskaa14:20180313143127p:image

f:id:sskaa14:20180313143148j:image

  これからのマンダの型の研究も兼ねて書いてみたのでほぼほぼ自分のために書いたようなものですが、ここまで見ていてもらえていたらありがとうございました><